多発性硬化症(MS)
用語集
用語集(ま行)
用語リスト

末梢神経系
まっしょうしんけいけい
 
神経系のうち、中枢神経系(脳・脊髄・視神経)以外の神経系のことをいいます。 体の知覚・運動をコントロールする神経系と、内臓・血管などに関わる神経系に大別されます。

ミエリン(髄鞘)
ミエリン(ずいしょう)
 
 
 
 
神経細胞の軸索を覆っている物質です。ミエリン(髄鞘)は軸索の全長にわたってあるのではなく、ランビエ絞輪という切れ目が存在し、 この切れ目は伝導効率を増すために重要な役割を果たしています。ミエリン(髄鞘)が損傷すると、電気信号の伝わり方が遅くなったり、 遮断されたりして、多くの神経症状をきたします。
ミオキミア
 
 
顔面の筋肉が意思とは関係なくピクピクと痙攣する症状のことです。脳幹、小脳に病巣ができると起こることがあります。

無症候性病巣
むしょうこうせいびょうそう
 
症状のあらわれない潜在的病巣のことで、MRI検査によって確認することができます。

め 

免疫
めんえき
 
一度、ある病原菌に感染することにより、その病原菌に対する抵抗力ができ、次からはかかりにくくなることをいいます。 自分(自己)と自分以外(非自己)のものを識別する機構のことです。
免疫グロブリン
めんえきグロブリン
 
抗体の別名でIg(アイジー)と略されます。ヒトの免疫グロブリンは構造の違いによりIgG、IgA、IgM、IgD、IgEの5種類のクラスに分類され、それぞれ働きが異なります。
多発性硬化症(MS)用語集 Index