World MS Day
バイオジェン・ジャパンの取り組み

バイオジェン・ジャパンでは2016年度の取り組みとして、 World MS Day を控えた5月22日(日)に、MS患者さんやそのご家族などを対象とした啓発企画「ゆるMeeting & Sportsデー」を開催しました。ゆるMeeting & Sportsデーはユニークなルールで、スポーツが得意な人もそうでない人も楽しめる、今話題の「ゆるスポーツ」とコラボレーションし、ゆるスポーツを体験・交流すると共に、疾患に対する理解を深めました。

当日はこのイベントに向けて、MS患者さんと専門医のアドバイスを受けて「世界ゆるスポーツ協会」と新たに開発したオリジナル「ゆるスポーツ」を初披露。MS患者さんが体のために日常に取り入れている動きやストレッチ等を集めたMSオリジナルの「スポーツかるた」と歩行障害のレベルや重症度に関係なく参加できる新競技「シーソー玉入れ」を、参加者全員で体験しました。また、スポーツ体験の前には、東京女子医科大学八千代医療センター神経内科 准教授 大橋高志先生を講師に迎え「MSの基礎から最新事情」についてのお話を参加者全員で伺い、MSに対する理解も深めました。

患者さんの取り組みを追ったドキュメンタリー映像

「ゆるMeeting & Sportsデー」は、患者さんと専門医の先生にアドバイスをいただきなら企画を構成していきました。その中で、今回、患者さんの立場からご協力をいただいた1人の女性が、専門医の先生と世界ゆるスポーツ協会とともにオリジナルスポーツを開発していくプロセスから本番、その後までを追いかけたドキュメンタリー映像を制作しました。

4年前にMSと診断され、病と共に生きる中で感じた想いから、MSの啓発活動に取り組むようになった患者さんの姿を通して、MS患者さんの今を生きる姿をご覧いただければと思います。

 
ダイジェスト版

本編映像

World MS Day
World MS Day