多発性硬化症(MS)
用語集
用語集(は行)
用語集リスト

排尿障害
はいにょうしょうがい
 
頻尿、尿閉、尿量の異常、尿失禁など、排尿に関する何らかの異常のことです。脊髄に病巣ができて自律神経系が侵された場合によくみられます。
バビンスキー反射
バビンスキーはんしゃ
 
足の裏をかかとからつま先に向かってこすったときに、足の親指が足の甲のほうにゆっくり曲がり、他の4本の指は外側に開く反応のことをいいます。中枢神経系に障害があると出てくる反射です。

膝踵試験
ひざかかとしけん
 
一方のかかとを反対の足の膝につけて、すねに沿って滑らせて戻す動きを繰り返す、小脳機能をみる検査です。小脳に障害があると円滑、正確にできなくなります。
病歴
びょうれき
 
これまでにかかった病気や、今に至るまでの経過、また、検査の結果や治療などに関する経歴のことです。

ふ 

フィンゴリモド塩酸塩
フィンゴリモドえんさんえん
 
 
フィンゴリモド(経口剤)は近年使用可能になった新しい薬で、1日1回の飲み薬です。MS治療ガイドラインにおいて、インターフェロンベータが効かなかった方や副作用のためにインターフェロンベータが続けられなかった方に使用する第二選択薬と位置づけられています。再発やMRI病巣の多さなどを考慮して使用が検討されます。
複視
ふくし
 
一つしかないものが二つに見える症状をいいます。脳幹に病巣ができたときによくみられ、眼球を動かす神経や筋肉の麻痺によって起こります。
不随意神経系
ふずいいしんけいけい
 
消化、呼吸、発汗、および新陳代謝のような自分の意識とは関係なく、その機能を調節する神経系のことです。自律神経系ともいい、交感神経系と副交感神経系の二つの神経系からなります。

平衡機能障害
へいこうきのうしょうがい
 
小脳などに病巣ができたときに平衡に異常が生じて、姿勢の維持やバランス機能に困難をきたすことをいい、めまいが起きたりします。
片側不全麻痺
へんそくふぜんまひ
 
体や顔の片側だけに運動麻痺や脱力、感覚麻痺が起こる症状のことです。病巣ができる場所によって、起こり方や程度が変わります。

膀胱直腸機能障害
ぼうこうちょくちょうきのうしょうがい
 
中枢神経系のうち、膀胱や直腸を支配している部分に病巣ができると、これらが正常に機能せず、排尿や排便に問題が生じます。
多発性硬化症(MS)用語集 Index