未来のために、
いまできること
相談ノートをつくる  
- Coming soon -
6月公開予定

多発性硬化症の治療は、
年々進歩しています

海外の研究によると、2006~2010年に多発性硬化症と診断された患者さんでは、1980~1990年に診断された患者さんにくらべて、杖歩行(EDSSが6.0)になるリスクが46%減少していました。
これは、多発性硬化症の診断や治療の進歩によるものと考えられます。

MS患者さんが杖歩行になるリスクの変化

(海外のデータ)
※EDSSが6.0


1980~1990年にMSと診断された患者96人のデータと2006~2010年にMSと診断された患者327人のデータを比較

対象: 再発寛解型MS患者1‚324例
方法: イタリアのMS専門施設における1980~2013年の診療データベースを用いて、MS患者がEDSS6.0に至った年齢と診断年を比較し、
診断時期がEDSS6.0に至る年齢に及ぼす影響を評価した。

Capra R et al. Mult Scler. 23(13): 1757(2017)より作図

将来の病気の進行を抑えるには、


適切なタイミングに、適切な治療を

することが大切です

診断時から治療を始めた場合と、遅れて始めた場合では、その後の障害の程度が異なると考えられています。
なるべく早くから治療を始め、定期的に治療の見直しをすることで、将来の病気の進行を抑えることが期待できます。
症状がおさまっていても、将来を見据えて早期に治療を始めましょう。

多発性硬化症の治療タイミングと
疾患の経過
[模式図]

Ziemssen T. et al., J Neurol. 263(6): 1053(2016)より作成

病状や治療の効果を確認するためには、


定期的な検査や診察とともに、

患者さんからの情報も大切です

病状や治療の効果を判断して、患者さんに合った適切な治療を選ぶには、定期的なMRI検査や診察のほか、患者さんからの情報も重要です。
日々の症状や、病気による生活への影響、治療への希望などがあれば、遠慮せずに医師に伝えましょう。

病状や治療効果を確認するための検査・診察


病状や治療効果を確認
するための検査・診察